彦根市
長久寺

人形供養


2017年3月21日


梅の咲くこの季節
彦根の長久寺では毎年人形供養が行われます。
長久寺は11世紀始めに後三条天皇の皇后の勅願寺として
建立されましたが、16世紀に入ると六角氏や京極氏、
そして織田信長の焼き討ちにあい消滅しました。

江戸時代に入ると、彦根藩の庇護のもと復興を果たし
今日に至っています。

この古刹には「お菊の皿」の伝承があります。
午前10時に供養が始まります。
思いの詰まった人形。
汚れ壊れても簡単に捨てきれない人形。

それぞれの思いを重ね
人形は炎の中に消えていきました。。




広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー