犬山祭


2017年4月2日
犬山祭を訪ねました。

国指定重要無形民俗文化財に指定されている犬山祭は
針綱神社の祭礼で、1635年に始まったと聞いています。

13基の車山が伝統ある町並みを巡行し、
からくり人形を奉納する様は勇壮さと優雅さを兼ね備え、
ずって見ていても飽きが来ません。

昨年末に曳山行事がユネスコの無形文化遺産に登録され、
しかも好天に恵まれた事もあり、
身動も出来ない程の人出でした。
市内を散策していると寺内町にある円明寺境内に
見事な枝垂れ桜が咲いていました。
樹齢300と言われている桜はそれは見事なものでした。
   
   
高さ8メートルと言われる山車が家々の甍を見下ろしながら
進む姿は圧巻です。

この山車は三階立てとなっており、最上階にはからくりが
設けられています。
神社境内や辻々でこのからくり人形の見事な演技を
堪能できます。
 
   
 
子供はいつも祭の主役。
見事な衣装も見所のひとつです。
 


高さ8m、重量5tの山車が一気に辻で方向転換をします。
ゴゴゴーと言う音、そして男衆の掛け声と怒声。
迫力満点です。

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー